アレコレ楽書きessay

「イタリア楽描きessay」のサブブログ

巡り巡って受け取るもの

以前、私に罵詈雑言を思いっきり吐き出した人物が酷い言葉を投げかけられているそんな光景を目にした。 因果応報。 自分が放ったエネルギーは巡り巡って手元にやってくる。 「ただ話がしたいだけなのにそんな対応をされたらまともに会話できないだろう?」 …

Punti nascosti「見えない点」

サンタクロースの服みたいに真っ赤と白のコントラストがとてもきれいなワンピース。 その裏地と表地を繋ぐほとんど見えない部分を手縫いする作業が今日から始まった。 服を手にする人の99%が見ない場所。 それなのにその見えない部分が洋服の形を綺麗に整え…

椅子とランプそして作業机

9月半ばから通いで針仕事をやっている。22年ぶりに毎朝職場という場所に足を運ぶ生活。 少し早めに着いたら大きな作業用の机に乗っけられている椅子を全て下ろし2か所のライトをつける。 前日の糸くずやホコリをできるだけ取り除き軽く水拭きする。 自分が作…

種をまいてから収穫するまで

大地に種をまき実りを収穫するまでそれなりの月日が流れる。 植物の種類によって好む水分と光の量が違う。天候変化への耐性もそれぞれ。 私達の人生もからくりは同じ。 どんな荒れ地でもたくましく根を伸ばし悪天候をものともせずに実りをたわわに生み出す人…

メッセージの拾い方

♪目に映る全てのことはメッセージ♪ とユーミンが歌っているようにこの広い世界の中で自分の視界に入るものはなにもかもがサイン。耳にする言葉はメッセージ。 偶然として片付けるには不思議なくらい何度も同じ歌を耳にしたり同じ数字を目にしたり似たような…

七夕の約束

大学生の頃いちばん側にいてくれた人とふざけ半分で約束をした。 恋人、友達、家族どの定義にもあてはまらないその人と交わした遊び半分の七夕の約束。 それは姿形を変えて私の現実を創りあげた。 時折、預言の書という話題を耳にすることがある。 数年後、…

騙されやすい性質を利用する

戦争や事故で手足を失った人がもうないはずの手足の痛みに苦しみ続けるという現象を解決すべく取り組んだインド人医師がいる。 原因は脳にあると検証を重ね鏡を使った治療法を生み出した。 左手を失った人の右手をミラーボックスに入れて動く様子を見ること…

美味しいドーナツの楽しみ方

特定分野に自信があるけどそれでも他人と比較してしまうそういう人がいる。 満たされて欠乏感のない人やその瞬間を楽しむために何かに取り組んでいる人は他人にかまっている暇もないので批判も比較もしない。 それぞれの生き方は自由選択。だから比較検討が…

ハーモニーを奏でる

これが正しいあれが間違ってる そんな基準を叩き込まれて人間はどんどん器を小さくしてしまう。 しがみついているルールは本当に自分の心の声とハーモニーを奏でるかいつもそのことを自問自答している。 他人の基準ばかり気にして自分自身の気持ちを抑え込ん…

ねじれたリボン

パーツ作成を依頼されてリボンをたくさん作っている。 1本のひもをリボン結びすると必然的に中心部にねじれができる。 左右の輪と紐の長さを上手に整えて綺麗な形にはできるけれどくるりとひもを回してねじるのだからどこかに必ず斜めのラインができる。 と…

奇異な行動をする人が世を変える

数週間前、起きがけにそんなことばが降りてきてぱらぱら漫画のようにたくさんの「変な人々」の映像を見せてもらった。 あまりにもスピードが速すぎてひとりひとりの顔はわからない。 直後、ぱっと目が覚めてそうだよなあ、と素直に思った。 地球が平たくて太…

気まぐれな恋人に振り回される幸せ

今朝「スマホを捨てろ」というYouTube動画があがってきた。 この世の中には飴と鞭の絶妙な使い分けでますます虜にさせる物事があちこちに散らばっている。 SNSの開発者達がスロットマシーンにはまる仕組みと同じような要素を取り入れたと告白している映像を…

つながり

復活祭の日曜日私は体調を崩して寝ていた。 その日友達がひとつのおしゃべりグループを作った。 先日ビデオ撮影した発光飛行物体の投稿がきっかけで直接話がしたいという人達がいたから。 いちばん怖がりのメンバーが今朝、自分の過去世とつながって大泣きし…

キャラクター診断

ツイッターにあがってきた単純でおもしろい遊び。 名前を入力するだけでその人の10個のキャラクターとその度合いをグラフで表示する。 何を基準にどうやって診断してるのかさっぱりわからないけどかなり当たっていた。 私は出世魚みたいに何度か名前が変わっ…

もったいない

週1回の掃除アルバイト先でキッチンの物置を片付けた。 2年間放置してある場所に大きなダンボール箱が2つあった。 買物袋、紙袋、ビニール袋掃除用品、包装紙がぎっしり詰まっていた。 一応分類はしてあったけれどすぐに取り出せる状態ではないからちっとも…

閉塞感のなかで生きる人々

拡大というエネルギーを持った木星の動きと連動して今年はすべてのことがあらゆる方向に広がる傾向にあると西洋占星術で聞いた記憶がある。 確かに。 自分で作っていた殻から飛びだし自由に行動している人は楽しげにどんどん勢力範囲を広げている。 「状況が…

愚痴を喜ぶ母親

友達が送ってくれた雑誌に母と娘の関係特集が載っていた。 母親自身が気づかない我が娘への嫉妬。 年老いていく自分の姿と成長とともに華やぐ娘を無意識のうちに比較してその嫉妬を愛情に見せかける。 高級品質だけど若い女性の魅力をくすめる服。 想い人と…

指先で感じるエクスタシー

この身体の五感のなかでより敏感なのは視覚と触覚。 写真や絵の構図飾りのランダム配置料理の盛りつけ バランスポイントを理屈からでなくぱっと見で判断できる。 生まれつきの能力でもありこれまでの経験と蓄積された画像記憶も後押ししている。 イタリアに…

オモイ

「あなたのことが心配で眠れなかった」母がそう言ったとき彼女から流れ込んできた「思い」はずっしり重かった。 だから自分が親になってもこういうセリフを子供に言わない母になろうと決心したのは10代後半。 子供達が修学旅行にいってもキャンプにいっても…

身体の声を聴く

約1ヵ月半の入院生活を終えてもうすぐお義母さんが退院する。 まだ膝の再手術まで自由に動けないけれどそれでも病院のリズムでなく彼女の好きなタイミングでいろいろことができる。 普段、頑張り過ぎる彼女は入院中、有り余るほどの時間をただ自分の身体の声…

やられて嫌なことはやらない

理不尽に怒鳴られたり推測でなじられたり先を急ぐ人に小突かれたりやられて嫌な思いをしたらそういう行動はやめようと逆見本にしている。 泣き寝入りではない。相手が聞く耳を持っていてことばが通じるなら言うべきことは言う。 自分で妄想した不安や恐怖か…

サイレント・マイノリティ

小説家、塩野七生さんの本のタイトル静かなる少数派。 入院しているお義母さんの付添いをしながらそのことを考えていた。 膝の手術がうまく行かず再手術を待っている。 薬の量がものすごい。病院から出されるものに加えて毎日服用している錠剤も持参。まさに…

ぱっと見を綺麗にする

針や爪楊枝で細かい所を掃除するのが得意。 だからその細やかさに乗っ取られないよう普段はぱっとみだけを基準にして行動している。 家の掃除、身だしなみ依頼仕事、全てにおいて。 今だ、というタイミングでその能力を全開にすることもある。 コーヒーマシ…

螺旋階段を昇る

ぐるぐると同じようなことを繰り返しているようでもそれが上昇方向なら構わない。 「螺旋階段が怖い」 そう言った友達がいる。踊り場がないから落ちたら止まらない、と。 私にはなかった発想だった。 村上春樹さんの「1Q84」にも螺旋階段が登場する。そこを…

頼まれなくてもやりたいこと

誰かに頼まれなくても報酬がなくてもやりたいことをやる。 それがそのときの自分にぴたりと合う行動。 成長とともにどうしても私達は「やらなくてはいけないこと」に重点を置きやすくなる。 義務、責任を必要以上に感じてまず「すべきこと」を優先させる。 …

原点回帰

春分の日は宇宙元旦そう呼ばれるらしい。 今年は満月とも重なり星のパワーは強烈で原点回帰を促された。 占星術の細々したことは面倒くさいから覚える気にならない。 けれども天体の動きと私達それぞれの活動がシンクロしていることを日々体験しているので天…

聖なる交流

性交流は聖なる交流。 どうして人間界では嫌らしい・恥ずかしい・忌まわしいそんな感覚を植え付けられるのかずっと不思議に思っていた。 私が性交流の聖なる感覚を今の身体で意識したのは3歳頃。もちろん言語や映像で理解した訳ではない。 性行為によって新…

高層ビルから落ちるトウモロコシ

こんな夢をみたことがある。 高い建築物の窓際から飛ぼうとしている。 自殺ではない。1歩前に踏み出せばちゃんと飛べることを知っている。 工事現場のように足場の組まれたその建物に窓ガラスはない。 縁から下を覗く。私はひと粒の乾燥したトウモロコシを投…

名前には意味がない世界

最近、知らない人に あまり懐かない子供の ベビーシッターをする機会が増えた。 あの子と一緒にすごせるなら うちの子も頼んでみようか? そんな風に声が広がって。 どれだけ幼い子供でも 私は彼らの意思を尊重して 大人目線でコントロールしない。 だから「…

寄り道を楽しむ

なぜか惹かれる物や事柄に 理由がわからなくてもとにかく取り組んでみる。 アイロンをかけながら 音楽を流していたら 一緒に歌いはじめてそのうち夢中になり ひとりカラオケを楽しむ。すると気になった歌詞が人生の方向転換へのメッセージだった。 依頼仕事…