読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレコレ楽書きessay

「イタリア楽描きessay」のサブブログ

テレビ画面の角を走る男

 

父が毎晩のようにナイター中継をみていた。

だから巨人軍の有名どころは覚えている。

 

母は原辰徳選手に夢中だった。

 

ワタシは密かに

松本選手が気になっていて

彼が1塁にいると

そわそわした。

 

投手が気にしながら投球する。

画面の角で影が動く。

 

あの忍者のような動きが見たくて

父の側でナイター中継を見ていたのだ。

 

巨人軍が勝とうが負けようが

興味はなかった。

 

スポーツ番組を楽しそうに見ている

父や兄の姿を眺めた記憶は

ほんのりとした淡いオレンジ色。

 

先日イタリアで初めて

野球の試合を見かけたとき

そんなことを思い出した。

 

幼い頃からテレビっ子ではない。

でも、悪い思い出があるわけではない。

 

今もテレビはほとんど見ない。

でも、楽しそうに見ている家族を眺めるのは

それほど悪くなはい。

 

f:id:yluna:20160406053220j:plain

foto Yaegashi Luna