アレコレ楽書きessay

「イタリア楽描きessay」のサブブログ

カードリーディング

マクドナルドの店内のゴミ箱に

小学生の頃から使っていた

タロットカードを捨てた。


「大事にしているのもを手放す」

「すぐに迷わずに躊躇せずに」

そんな訓練をしていた時期だった。


物質世界の常識を手放し

貴重品もどんどん捨てた。

そんな狂気の沙汰のようなことをしても

人間の肉体は死に至らない。

ほんとうに大切なものは目にみえないし

いつも流動的だから留まらない。


今思えばあれは物質への執着を手放す

最高レベルの実地訓練だった。

その時捨てたものはちゃんと

不思議な形で戻ってきたり

違うものになってもっと上質になって

私の手元にやってきた。


2年前日本でルノルマンカードを購入。

他のカードデッキを購入する予定だった。

店で手に取ったとき違和感を感じたので

今までみたこともなかったカードを選んだ。


明るくてシンプルな絵柄が気に入った。

手元にやってきたカードは

主に自問自答のツールとして使っている。

誰かためにリーディングをやっていない。


そのことを知っている人に頼まれて

進路と生き方の選択に潰されそうな

息子のエネルギーリーディングをした。

35年ぶりぐらいだろうか。


深く深呼吸をして頭を空っぽにする。

エネルギー状態を読む相手の

ハイヤーセルフかサポーターに

チャンネルを合わせる。


先入観や私見が混じらないように

身体を機械のように動かす。

35年のブランクはいい方向へ働いた。


他のものでエネルギーリーディングを

続けていた効果は絶大だった。

とてもクリアに流れが感じとれる。

ことばへの変換もスムーズ。


今は公の場でカードを使わない方が

私にとって心地よいので

リーディング動画などは撮らないし

個別にセッションもやらない。


もしタイミングがやってきて

また誰かのエネルギーリーディングを

することがあるかもしれない。

それは流れに任せる。


占い師やメッセンジャーになりたい人に

カードの読み方を教える人や場は

たくさんいるし星の数ほどある。


私がシェアしたいのは

ごく普通の日常生活で特別な道具も

全く必要がないメッセージの拾い方。

五感も感性も磨かれるし

どのような局面でも使えるから。


やり方も解読方法も本人のバイアスが

とてもかかりやすいからこそ

自分自身を知ることができる。


スピリチュアルカウンセラーや

アドバイザー、コーチングといった形で

指導をしている人達のもとに

人々が集まるということは

誰もが「自分探し」をしている現われ。


本来は探すというよりも

足元にあることに気づくだけ。

家族を含めた他人や周囲から浴びる言動で

いつの間にか素の姿がみえなくなっている。

そんな人々の中で育つ子供も

どんどんくすんでいく。


だからひとりでも多くの人が

本来の自分に気づいて欲しい。

ほんとうはもとに戻るだけ。

不安・恐怖・思い込みから

あれもこれもと抱えているモノを

そっと手放すだけでいい。


カードリーディングではない

具体的なメッセージの拾い方を

ツイッターやnoteでシェアしています。

専用アカウントではないので

いろいろな発信が混じってます。


ツイッターはYaegashi Luna

noteはMikiというハンドルネーム。
 
よかったら覗いてみてください。


ごきげんよう。素敵な1日を。



f:id:yluna:20200910051802j:plain

Foto Yaegashi Luna