読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレコレ楽書きessay

「イタリア楽描きessay」のサブブログ

高級ブランド服引き寄せ成功

着るためではなく作る側。

 

「イタリアの高級ブランドといえば?」

街角アンケートをすれば

必ず名前がでるほど有名。

 

「自宅で隙間時間にお小遣い稼ぎ」

そんなキャッチフレーズがぴったり。

 

そういうアルバイトがあるという噂を

聞いたことはあったが、コネがなかった。

 

毎年出店していた

お祭り会場の小屋が撤去されたけど

なんとか夏のバカンス資金を稼ぎたい。

 

そう思っていたら

高級ブランド服を作る工場の

経営者が近所に引っ越してきた。

 

「仕事がたくさんあるときだけの

臨時アルバイトだけど」

 

希望通りの条件。

 

糸始末やボタンつけ、裾処理。

チマチマした手仕事は得意だけど、

年がら年中やりたくない。

 

イタリア国内で作られた良質のシルク。

布1mで4~5万円。

友達がネットで調べたら

1着30万円の服だった。

 

その後、やって来たのは

パーティードレス。

あのワンピースが30万円なら

きっと1着で新車が買える。

そんな服が我が家に何十着。

 

ネコ・オット・コドモを

半径1メートル以内に近寄らせず

もくもくと作業をした。

 

手にした報酬はぴったりバカンス代金。

ありがたき「引き寄せの法則」。

 

クリスマス以後イースター前は

手作り小物の閑散期。

 

「そういえば、あのアルバイトは?」

 

とダンナが言った2日後に

新しい仕事の連絡があった。

 

恐るべし「引き寄せの法則」の威力。

 

f:id:yluna:20160215080507j:plain

foto AkinoAnn   写真素材 足成