アレコレ楽書きessay

「イタリア楽描きessay」のサブブログ

つぶやき

悟りの階段をハイヒールで軽やかに駆けおりる女の子達

滝のように水が流れ落ちる足が滑りやすい古い石の階段。そこを軽やかにおしゃべりしながらおりていく女の子達を夢でみかけた。 おそらくあの階段は私のなかの悟りの歩みの心象風景。水は感情を表す。仏のような神のような悟りの境地にたどり着くまで人間は足…

りぼん・anan・オレンジページ

「なかよし」ではなくて「りぼん」「non-no」じゃなくて「anan」「レタスクラブ」よりも「オレンジページ」 同じような印刷発行物でもどうしてなんとなく好き嫌いがあるんだろう?とタイトルから自己判断。 きゅっとりぼんを結ぶあの感覚が大好き。形が整っ…

初めてのことをやってみる効果

わちゃわちゃと動いて周りの状態を引っ掻き回すような迷惑行為でなければ触手の反応することはとりあえずやってみる。 生活環境や仕事をがらりと変える訳ではない。今まで買ったことのないタイプの洋服を試してみたりネイルアートを楽しんだり。使ったことの…

引きこもりがもたらすビッグバンと楽器の演奏

ぎゅっとエネルギーを収縮させる引きこもり状態が続くと膨大なパワーが蓄積される。 じっとしている原因が外部的なものであっても内部からくるものであってもある地点でビッグバンを引き起こす。 だから様々な理由で動けないときは慌ててなにかをしなくちゃ…

好きでやりたいことをあきらめる

私は惚れっぽい。かわいい・クールカラフル・モノトーン華やか・シンプル相反するようなものでもうわ!これいい!と思う。 やりたいこと好きなこともたくさんありすぎてリストに書き出すとひとつの体ではオーバーヒートを起こしそうだ。 だから好きでやりた…

おしゃべり

人間のことばを使わない物や動物・植物との会話が得意。肉眼では視えない存在との交流も日常生活の基盤。 もうちょっと人間ならではの発声機能のおしゃべりも楽しんでみようかなとボイスレコーダーで録音してみた。 なんだこれは!とびっくりするくらい楽し…

いただきもの

昨日身につけていた服と靴は友達からのプレゼント。 きっと似合う、と誕生日でも記念日でもないごく普通のある日に家まで持ってきてくれた。 パジャマ兼部屋着の下に着ていた長袖Tシャツの色と合うデザインだから熟考せずに身につけた。 職場についたら3人の…

あなたの色に染まらない花嫁と王子様役の成人式

成人式が中止になったことで悲喜こもごもの反応をあちこちで見かける。レンタルサービス業の悲劇。ひきこもり軍団の喝采。それぞれの立場と趣向と主張がある。 私が成人式で着たのはエメラルドグリーンの振り袖と海老茶色の袴。花紋のついた鮮やかな単色着物…

じぶん

「自分」自ずから分ける。誰かの存在のおかげでその人とはことなる「わたし」を理解することができる。 「時分」時を分ける。タイミングや潮時を知る。 「字」「文」ことばにする。ぐるぐるとめぐる思考や感情を文字や文章にすることで心身がすっきりする。 …

動けなくなったときに

知識ばかり詰め込むと動けなくなることがある。 デッサン力のある人はたくさんいる。なんでも上手に描ける人もいる。様々なテクニックを知っている人も。 だけど基礎知識もなにもなくてただ絵を描くのが楽しいからどんどん描いていたらその画風やキャラクタ…

ボイストレーニングのメニュー

トレーナーが説明していた。ボイストレーニング内容はその人の目的によってまったくメニューが違う、と。 まずはレッスン生の立場。解説者や司会者用の発声練習。プロ歌手のスキルアップ。アマチュアのカラオケ対策。それぞれ違って当然。 そして何をトレー…

ボーダーラインの綱渡りと架け橋

私が今の人生で探求し続けているテーマのひとつがボーダーライン(境界線)。 正常・異常、天才・狂人男・女、陰・陽正解・不正解、内・外 ふたつの要素の境界線上にある「・」またはどちらでもないグレーゾーンにいつも人間界独特の課題がごろごろ転がってい…

服の作り方と決め方、そして扱い方

服を作る過程を人生になぞらえてみる。 おぎゃあと生まれたとき人間はまだ形になっていない布。素材や柄は両親から受け継いだ遺伝子で作られている。 身長がどれくらい伸びるか髪の毛・瞳・肌の色などが織り込まれている。 兄弟姉妹で違う面がでるのは布の柄…

華やぎエネルギー

4ヶ月前に書きかけだった仕事場のこぼれ話をお届けします。 昨日は職場の女性達がなんとなく華やいでいた。普段は無地のシャツを愛用する人が花柄の服を着ていたりおそろいのピアスとネックレスをシンプルな白い服に合わせていたり。 接客業の職場ではないけ…

緑の車のアクセルを踏み込むペダル加減

いいよ。好きなことをやって。いきなりそういわれても知らず知らずにずっとブレーキをかけていたことを急にアクセル全開にするのはしっくりこない。 今運転している小さな緑の車を加速させる行為に似ている。高速道路入口で急にアクセルを踏み込むと悲鳴をあ…

毒を薬にする効果

毒舌を放って問題点を指摘する。際どい映像で何かを訴える。ワクチンを作って注射をする。どれも構造はとても似ている。 個人または団体・社会のなんらかの害を取り除くために使いすぎると危険な毒を使う。 天才と狂人の境界線とも似ている。どこでどうやっ…

身体に関する洗脳と思い込み

人間は肉体を持っているのでどのような状態が快適であるか個人差はあっても常に気にかけて生きている。 例えば低体温。特に妊娠を望む女性が気にする症状。平熱が36度台の方が受精しやすいそんな情報をあちこちで目にした。私は基礎体温が35度台だけれど望ん…

ダーウィンの進化論にメスが入るとき

コペルニクスやガリレオが地動説を唱えたとき世の中のほとんどの人々がその説を信じなかった。 国や社会秩序の基盤を覆す説は混乱を発生せさせるから真実がどうであるかよりも世の中が蜂の巣をつついたような騒ぎにならない方がよかった。 やがて天動説は神…

ダイアローグ(対話)とモノローグ(独り言)

クリスマスの夜に完読した本にこんな表現があった。「ダイアローグ(対話)はみんな…実際は長い長いモノローグ(独り言)なんだよ」私が感じている世界観にしっくりくる。 俗にいわれる「ワンネス」の感覚を誰かと会話しているときに私は感じる。文字と音声の違…

母音AIUEOのエネルギー

昨日さっくりと触れたアルファベットの母音の形がもつ形のエネルギーと名前の関連の話。今回はひと文字ずつ少しだけ解説を加えます。 A 開閉式のはしごがしっかりと立っている形。 ひとつひとつ積み重ねて高みへ登る現実思考型。 上からまたは横からの圧力が…

世界的に有名な科学者の言葉なら採択しますか?

「〇〇は✕✕である」と誰かが言ったときたいていの人は言葉を発した人の職業や経歴、学歴などを信用してそのセリフを受け入れるか入れないかを決めているようにみえる。 同じことを5歳の子供が言ってもなかなか信じようとはしない。ホームレスがつぶやいても…

猫舌イタリア人と熱いお茶を飲む日本人

概してイタリア人は猫舌。スープや飲みのも全般をかなり冷ましてから口にいれる。 だからカプチーノを店で普通に頼むとやたらぬるいのもが出てくる。熱々でお願いします、と注文しないと冷えた身体を温めたい場合は物足りない。 日本人はかなり熱めのお茶を…

美しいナイフを持った戦士の兄

一昨日とてもドラマチックな夢をみた。 時代はおそらく中世。若い男女が白い服をまとい薄暗い石造りの教会の広間に集合している。灯りが消されて私達は静かに横たわる。私の側には戦士である兄がいる。街と教会を護衛するために白い服装ではなく武装している…

誰かのために何かのために

クリスマスにちなんだショートストーリーをみた。セリフはほとんどない。映像だけで感動を促す見事な完成度。 展開やラストシーンが想像できる流れのストーリーには安心感があるけれど惹き込まれる感覚が薄い。 先程観た映像はストーリー展開が読めなかった…

「もういいかい?」「もういいよ」

かくれんぼ遊びのセリフを思い出した。「もういいかい?」「まーだだよ」「もういいかい?」「もういいよ」 一緒に遊んでいる誰かがちゃんと隠れて準備ができたら鬼は許可を得て隠れた誰かを探す。 「みーつけた」と探し出すまで鬼はあちこちを探す。隠れる…

テツガクとコウドウ

最近「ソフィーの世界」という本を寝入り前に読んでいる。哲学の流れを追いながら14歳の女の子があれこれ学ぶミステリー小説仕立ての作品。 もし「人間の存在意義」や「普遍的な物事の真実」の追求を哲学と定義するならば私は生粋の哲学者。 ピアノやバイオ…

グラフィック効果

誰かに何かをわかりやすく伝える手段のひとつとしてフローチャートやグラフイラストやシンボルマークなど視覚に訴える方法がある。 このグラフィック効果に関する情報は私のアンテナをくすぐる。 仕事の企画書・個人スケジュール旅の行程表・スクリーン画面…

生まれるときに選んだ器と鍵の在り処

サビアンシンボルという占星術の少しマニアックな情報を最近読み込んでいる。どうやら西洋占星術との相性がいい。すとんすとんと腑に落ちる。 シンボリズムには興味があって大学でも専攻以外の授業を希望聴講したことがある。 西洋占星術といえば雑誌やラジ…

即興アレンジ能力

あたりまえのように簡単に出来てしまうことを人は自分の特殊能力だとなかなか気づかない。 周りの人に言われてあれ?みんなできないの?と驚くことがある。 私の場合はアレンジ能力。本や動画、雑誌などで情報をインプットしておくと活用できるタイミングで…

「離婚・コロナ陽性・泥棒」がまとめてやってきてもしあわせな理由

もうすぐ離婚調停裁判。5日前に息子がコロナ陽性発覚。先週泥棒が家宅侵入。 この短文だけ読んだら踏んだり蹴ったりのさぞかしズタボロの日々だと推測する人は多いかもしれない。 ところが。世界中でいちばんしあわせな人は誰?というコンテストがあれば立候…